代表挨拶

message

1 機会を与えてくれたお客様への感謝の気持ち
2 技巧を与えてくれた業者様への感謝の気持ち
3 環境を与えてくれた地域の皆様への感謝の気持ち

この三つの感謝の気持ちを忘れることなく、社会に貢献出来るものづくりに励む事が会社存続の意義と考えます。

取締役社長 松原 伸幸

ティーエスの強み

advantage

産業用ロボットのトータルシステム
各種検査装置・自動制御装置・搬送装置等、電気設計および機械設計から、製作・組付け・調整・据付まで一貫し、各メーカーのロボットティーチングも行います。
リークテストシステムの徹底
ティーエスではお客様のワークに合わせ、漏れ量・CT・環境・コストetc.により差圧法・水浸法・水素ガス法・ヘリウムガス法での検査システムを提案しております。

沿革

history

平成3年6月
浜松市天王町に於いて自動制御装置の設計・製作・施工を主とした
「T・S電装」を3名で創業。
平成4年6月
T・S電装から法人組織に改組、「有限会社ティーエス」を設立。
平成9年5月
社内に「システム事業部」を開設。
平成10年3月
資本金を600万円に増資。
平成10年10月
社内に「ソフトウェア開発部」を開設。
平成13年12月
浜松市内野に社屋完成。事業拡張の為、移転。
平成15年9月
水素式漏れ検査装置開発により経営革新法に認定される。
平成17年10月
浜松市市野町に事業拡張の為、第2工場開設。
平成18年10月
不二越システムロボット会に入会。
平成20年3月
浜松市より技術先端型企業に認定される。
平成20年8月
「有限会社ティーエス」から「株式会社ティーエス」に改組。資本金を1,000万円に増資。
平成21年5月
日本非破壊検査協会の春季講演大会にて『ロボットを用いた漏れ検査の自動化について』を発表する。
平成23年6月
中国に佛山泰意愛斯機械設備有限公司を100%出資にて設立。
平成26年9月
板状成形・接合体の漏れ検査装置で特許取得 第5612872号。
平成27年3月
リチウムイオン二次電池等液漏れ検査治具開発で2度目の経営革新法に認定される。
平成27年7月
ファナックロボット会に入会。
平成28年2月
業務の効率化を図るため、本社、第二工場を浜松市貴平町に移転集約。
平成28年12月
経済産業局より経営力向上計画の認定を受ける。 2016関経向申第2283号
平成30年7月
FA・ロボットシステムインテグレータ(SIer)協会設立に伴い協会会員となる。

ティーエスとは

PAGETOP

Copyright (c) 株式会社ティーエス. All Rights Reserved.